学校概要

ご挨拶

清水学院高等専修学校は平成8年に開校し、23年目を迎えました。(2018年現在)

本校の特色は、生徒さん一人ひとりへのきめ細かな対応と、
専修学校の特色を活かした「社会を生きるうえでの実践的な力」を身につけられる柔軟なカリキュラムにあります。

特長ある教育活動の基盤は、「一人ひとりの持つ能力を引き出し、豊かな人間性を育む」という想いです。

授業においても、それぞれの生徒さんが「知るよろこび、わかるよろこび」を感じられる授業を実践し、
意欲とともに能力を引き出し、自信を育むことを大切にしています。

清水学院の教育活動が、生徒さんの着実な成長につながるよう力を注いでまいります。

学校法人駿河学院 清水学院高等専修学校 校長 栁原進吾

清水学院校舎

沿革

1986年(昭和61年) 学校法人 駿河学院設立、駿河学院実務高等専修学校開校
1987年(昭和62年) 専門課程 自動車整備科を設置、専門課程の設置に伴い、学校名を「駿河学院実務専門学校」に改名
1991年(平成3年) 藤枝実務高等専修学校開校
1996年(平成8年) 清水学院実務高等専修学校開校
1998年(平成10年) 藤枝学院実務高等専修学校に改名
2000年(平成12年) 静進情報高等専修学校開校
2016年(平成28年) 清水学院高等専修学校に改名

自己点検および学校関係者評価

「平成30年度 清水学院高等専修学校 自己点検および学校関係者評価委員会 報告書」はこちらからご覧ください。

自己点検と学校関係者による評価

ページトップ